***
***

 CR型 プリアンプ製作例

***

◎ パーツリスト
◎ シャーシ加工
***
☆ 回路構成 
 ◎イコライザー部
  MM型入力で12AX7のSRPP、CR素子、12AT7のSRPP
 ◎フラットアンプ部
  12AU7のSRPPとカソードフォロアー 
 ◎VUアンプ部
  6U8Aの5極管で増幅、3極管でカソードフォロアー
バランス用ボリューム(2連MN型)が入手困難又は高価の為、単連ボリュームで対応。
配線は先にバランスに入りボリュームに接続が一般的ですが、配置上 逆になりました。
入力インピーダンスがボリュームの位置で変動しますが(100KΩ〜70KΩ位)特に問題なし。
セレクタースイッチは5接点ですが3接点にストッパーを設定しました。
電源トランスは市販の物を使用し、高さが少し大きく木箱に擦る為、しかたなく止めナットを1個外しました。 
取付は元通りトランスとシャーシ間に絶縁ワッシャー3個と菊座1個を忘れずに。
***
☆ 回路図 
1, 電源部
2, フォノアンプ部
3, フラットアンプ部
4, VUアンプ部
☆ 配線図 
1, 電源、アース配線図
2, 高圧、整流配線図
3, ヒーター配線図
4, フラットアンプ配線図
5, フォノアンプ配線図
6, VUアンプ配線図 
7, パネル裏配線図 
☆ 配線写真 
1, 電源、VUアンプ部
2, フラットアンプ部
3, フォノアンプ部
4, 全体
☆ 完成写真 
1, 前面
2, 後面
***
☆ 動作確認 
1, 誤配線が無いか確認する(ダイオード、電解コンデンサーの極性に注意)
2, 球を全て挿し、電源を入れる。異常があれば直ちに電源を切る。
★電源を切っても電解コンデンサーに高電圧が残っている為、放電するまで待つか 
 1KΩ10W位の抵抗で放電する。
3, 異常が無ければ電圧の測定。ヒーター以外 10%位の差は問題なし
***
☆ 備考
1, フォノアンプ必要の無い場合や後から作る場合、球が4本減るのでヒーター電圧が 
 24Vを超えます。ヒーター整流回路のRhを追加して調整してください。
2, フラットアンプの12AU7は4本中から差し替えてノイズの少ない物を選別。
 (EH製でOKです)
3, 特性  Excel
☆ 高能率なスピーカーとハイゲインのパワーアンプを組み合わせた場合、ボリュームの位置が9時以下になり便利が悪い為、
 RCA出力端子 Loを追加しました。一部変更前の写真があります。
NFタイプとは一味異なります。あくまでも個人的趣味です。
***
製作 PAGE
TOP PAGE